「光とサイコロのフェスティバル」ディワリでのギャンブル

ディワリはインド最大級のヒンドゥー教のお祭りで、国内の大きな都市で開催されます。ディワリの特徴は光だけでなく、サイコロのお祭りでもあります。なぜなら、富の女神であるラクシュミーが5日間のお祭りの中でヒンドゥーの家庭を訪れ、新年の祝福を与えると信じられているためです。スポーツをすると神を呼ぶことができると考えられているため、スポーツはお祝いの1つの方法です。祝祭の期間中に賭博のグループがムンバイで結成され、いそんな遊びをしたりお祝いしたりします。また、数百万人がオンラインのディワリくじに参加し、大きな幸運を手に入れようとします。

ディワリはインドで広く行われていますが、どの地域を訪問するかでその内容は大きく異なります。お祭りは5日間で、始まりの日は毎年異なりますが、10月下旬か11月上旬に終わります。光が特徴のお祭りで、どの地域でも家の玄関にキャンドル(ディヤ)が置かれてとてもきれいです。

ヒンドゥー神話では、ラーマの神が14年間の流浪の後に王国に戻ると、人々がランプに火を灯して迎え入れたということです。また、富の女神ラクシュミーが、明かりの灯されたヒンドゥー教徒の家を訪れると言われています。神をなだめて訪問者を呼ぶためには、家を完全に清め、整えなければならないのです。装飾やディヤなどの特徴は共通していますが、場所や部族によってディワリを楽しむ方法は、様々。

北部のお祭りは、たくさん花火や家での儀式を特徴としています。裕福な家族が集まって愛する人のためにプレゼントを買い、金や宝石、服など、高価なものを揃えます。一方、街から離れた静かな集落では簡素なお祭りとなります。基本的に規模は小さく、派手に祝うこともありません。予算も少ないため、爆竹や高価なプレゼントが登場することは稀です。5日間のお祭りで、3日目に最高潮を迎えます。

ディワリ期間中のギャンブル

すでに述べたように、ディワリの主な行事としていくつかのゲームが行われます。ディワリは特にムンバイでよく見られ、そうした行事が夜の10時から朝の5時まで(!)農家やバンガローで開かれます。ラクシュミーは楽しい神と考えられているため、負けを気にする必要はありません。休暇中なので、人を招いて自宅で快適に楽しく過ごしてもらいます。様々なゲームが行われますが、中でもティーンパティ(3カードブラッグ)やブラックジャック、ポーカーが最も人気です。子供も楽しいゲームをしますが、もちろん賭けることはありません。大人は別室で本格的なゲームをします。伝説では、パールヴァティがディワリの4日目に夫のシヴァとサイコロ遊びをして勝ったと言われています。そして、「ディワリを楽しんだ者は1年中成功するであろう」と言ったのです。

さまざまなお祭りの仕方

伝統的な光のお祭り以外にも、インドの様々な地域や集落によって様々なお祝いの仕方があることをご紹介しました。また、あらゆる場所で花火の打ち上げが夕方から始まり、夜が明けてもまだまだ続きます。花火師が生み出す光は、神々への宣言であり、彼らの目を引きつけて暗闇を追い払うためと解釈することができるでしょう。

ディワリのお祭りは5日間しか開催されません。これをお読みいただいて幸運を試したくなった方は、オンラインカジノへ行きましょう!たくさんのテーブルゲームやスロットが楽しめ、家にいながらライブディーラーと対戦することも可能です!